なりたい私は「かっこいい!」-まだまだ本を読んでます(1)

  • 2017.06.18 Sunday
  • 21:37

JUGEMテーマ:今日の日記

 

【アラフィーyuukiの自分応援ブログ】

 

こんにちは、yuukiです。

前回の「脳を見える化する思考ノート」により、なりたい自分が見えてきました。

「やりたいこと」は見えてないけど、「なりたい自分」は「かっこいい自分」でした。

具体的には、気品がある/器が大きい/知的/武士/誇り/視野が広い/判断力がある/洞察力がある/ほほえみ......なのだけど、

ふと外見はどうなのだろうと.....

 

 私、仕事中はよく「髪をふりみだしてるね」と言われているのです。そんなのぜんぜんかっこよくない!

やっぱり外見も大事ということで次の本を読みました。

「電子書店honto」で見つけましたよ。

.檗璽献鵐哀妊レクター イメージコンサルタント 中井信之著 「美人なしぐさ」

▲侫.奪轡腑鵝Ε廛蹈妊紂璽機次,靴はらひろ子著 「何を着るかで人生は変わる」

 

 

とくに、「美人なしぐさ」はどんくさい私には「目からうろこ」の発見ばかり。

 

「しぐさ」を変えれば「美人」になれる! 

よく魅力的な人のことを「あの人は何か『何か雰囲気がある』」と表現することはありませんか?

実は、美しさを決定づけるのは、その人の持つ「雰囲気」です。

言い換えれば、美しく見える「雰囲気」を身につければ、誰でも「美人」に見えるということです。

 

私が気になったのは、日常でできる基本の美人な「しぐさ」と美人な「歩き方」でした。

日常でできるしぐさはスマホのタッチの仕方!

何気なく毎日触っているスマホも中指でタッチすれば、雰囲気がでるそうです。そんなに優雅にタッチしたことありませんでしたけど、ちょっと意識するようになりました。

もう一つが歩き方。まわりの人を見ていても、「がにまた」だなー、カッコ悪いなと思っていたのですが、ポイントはひざの位置でした。ひざの間を開けないで歩くことが重要。私もなるべく意識して歩くようにしています。

「何を着るかで人生が変わる」の方は、自分のスタイルにあった、少ない枚数の洋服を大切にするという内容でした。

自分の生き方とか個性が洋服に現れるということですね。「何となく」服選びをするのではなくて、洗練された服を。

そして小物選びが「おしゃれの決め手」だそうです。洋服は10セットでよいそうです「幸服十セット」。

 

 私はそれほどは服を持っていません。なぜかというと気に入らないのです。「気に入り度がこのくらいならいくらまで」というように、買ってもいいなと思う価格があるのです。なんとなくですけど。

なのに市販の服は私には高価すぎて、購入する気になれません。時に「いいな」と思えても、試着してみると「似合わない汗」。頭の中の自分の体形が実際の自分に追いついていないのですよね。なんとも淋しいことです。

 

 というわけで、外見もちょっとだけれど気にするようになりました。

今日のお庭は「ガウラ」が咲いてました。梅雨だというのに雨は降りませんね。

スポンサーサイト

  • 2017.06.23 Friday
  • 21:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    honto 電子書籍now!     

    無農薬100%ルイボスティー

    本をどんどん新しくしよう

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法
    自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法 (JUGEMレビュー »)
    メラニー フェネル
    心理カウンセラーの勉強中に出会いました

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM